つみき

新築一戸建てを購入するなら予算を明確にしておこう

一戸建ての基礎知識

家

購入方法と注意点

宝塚市は、宝塚歌劇団があることで有名で、ネームバリューが大きい街です。都市すぎず田舎すぎない街の規模であり、住みやすいことでも知られています。文教地区でもあり、子育てによいとして移住する家族も少なくありません。宝塚市では新築一戸建てを購入する世帯も多いです。子育て世帯が多いことがその原因で、郊外型のニュータウンにも新築一戸建ては多くあります。新築一戸建てと一口でいっても、その種類は様々です。購入方法でわけると、建て売り住宅と注文住宅に分かれます。宝塚には両方の販売方法がありますが、ニュータウンでは建て売り住宅の方が多めです。建て売り住宅とは、すでに設計や間取りが決まっている建物と土地をセットで買うことです。完成後の建物を購入することもありますし、完成前の建物を予約購入することもあります。契約から引き渡しまでが早く、注文住宅より安いことが多いです。注文住宅とは、自分たちの要望にそって設計を行う住宅です。土地を購入してから住宅の打ち合わせにかかります。工期が長く費用も高めになることが多いですが、理想の住宅を実現することができ、デザイン性、機能性ともに自由度が高いという特徴があります。新築一戸建ての仲介業者を選ぶときは、媒介手数料の有無やアフターフォローの有無に注意して選びましょう。媒介手数料は業者により差が大きく、安いところもあれば高いところもあります。また、購入時の費用が安くてもアフターフォローが無くては長期的には高くつきます。しっかりとしたアフターフォローがある業者の方がよいでしょう。