インテリア

新築一戸建てを購入するなら予算を明確にしておこう

魅力のある古都に住む

高級地としてのイメージが強い鎌倉ですが、最近の傾向として住民の高齢化による相続による土地売買が増加し、新築の一戸建てが増えてきています。環境や治安がよく安心して過ごせる街、生活を楽しむことが出来る街です。

アクセス抜群の街に住まう

男性と女性

東京隣接の都心の戸建

アベノミクス以降の不動産価格の高騰によって東京都内でマイホーム、特に新築一戸建てを建てるのはかなり高額は出費を要するようになっています。さすがに都内は手が届かないけれども、やはり夢のマイホームが欲しいという方にとってお勧めできるエリアの一つが、千葉県の市川市です。市川市は、東京23区の一つである江戸川区から江戸川を渡ってすぐ東側に隣接している都市で、東京駅まで20分ほどでアクセス可能である一方、地価が都内よりもかなりリーズナブルですのでここであれば新築一戸建てを構えることも夢ではありません。この市川市ですが南北で少し雰囲気が異なっています。北部はJR総武線が走っており、なかでも市川駅や本八幡駅の駅前はかなり大規模で活気があります。本八幡駅は都営新宿線の始発駅でもあるため、これを使えば座って通勤することが可能になるという隠れたメリットもあります。総武線の北側にある菅野や真間といった地域は昔からのお屋敷街としても知られており、いまでも大きな邸宅が残っておりこの辺りに住めば閑静な住宅街の環境と駅前の利便性の両方を手に入れることが可能となります。一方、南部は東西線が走っており、南行徳などは近年になって開発が進んでおり、こちらも住み心地は悪くなく、新築一戸建てを建てるのに好条件なエリアとなっています。そのため不動産業者に物件探しを依頼してどのような新築一戸建てがいいのか相談してみましょう。どんなに条件がいい物件でも、居住人の生活スタイルと合わなければ設備を活かすのは難しくなってしまいます。そのため自分の生活を視野に入れて、それを元に不動産業者のスタッフに紹介してもらうのがいいでしょう。このように、市川市は新築一戸建てを比較的手が届く価格で手に入れることができるうえに、アクセスと利便性に優れたエリアということができるでしょう。

一戸建ての基礎知識

子育てにむいている街として人気がある宝塚では、新築一戸建てを購入する世帯も多いです。建て売り住宅と注文住宅があり、それぞれメリットデメリットがあります。業者を選ぶときは媒介手数料やアフターフォローについてもチェックするとよいでしょう。

家購入にかかる費用が明確

分譲住宅は、業者が土地を買い上げ一斉に住宅を建てることで、価格を抑えて販売することができます。信頼のおける不動産会社を見つけることが大切です。そうすれば、浜松で住みたい地域の分譲住宅をいち早く出会うことができます。